►index

     スポンサーサイト

    --------

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

     VB.NET Twitterに投稿する

    2013-08-31

    TwitterでWindowsアプリで投稿するには、どうすればよいかいろいろ調べて、TwitterVB.dllの方法等過去は出来た様ですが、現在は使えない?使えなかったので、別の方法「LINQ to Twitter v2.1.08」を使った方法が見つかったので紹介します。

     

    ■「LINQ to Twitter v2.1.08」・・・.NET用DLL ダウンロードはこちらから

    →LinqToTwitter_20130722.zipを解凍し、.\net35-client\LinqToTwitterCP.dll を参照設定し、利用しました。.NETコンパイルオプションは、Framework 3.5に設定しました。

     

    ConsumerKey、ConsumerKeySecret、OAuthToken、OAuthTokenSecret の4つのキーを事前に入手する必要があります。

    <入手方法>

    1.アプリケーション登録画面 http://twitter.com/oauth_clients にアクセス。

    2.ログインしていない場合は、ログイン画面が表示されるのでログイン。

    3.「Create a new application」ボタンクリックし、必要事項を入力し、「Create your Twitter application」ボタンをクリックする。
    4.「setting」タブクリックし、

    access:「Read, Write and Access direct messages」を選択

    「Allow this application to be used to Sign in with Twitter」をチェックonし、

    「Update this Twitter application's settings」ボタンクリック。

    5.「Details」タブをクリックし、「Create my access token」ボタンクリック。

    6.「OAuth tool」タブをクリックすると、入手したい4つのキーが表示されています。


    ■LinqToTwitterCP.dllの使用例。(Twitter投稿サンプル)

            Dim ConsumerKey As String = " ConsumerKey"

            Dim ConsumerKeySecret As String = "ConsumerKeySecret"

            Dim OAuthToken As String = "OAuthToken"

            Dim OAuthTokenSecret As String = "OAuthTokenSecret"

     

            Dim auth As New OAuthTwitter()

     

            '取得した認証情報を入力します。

            auth.OAuthConsumerKey = ConsumerKey

            auth.OAuthConsumerSecret = ConsumerKeySecret

            auth.OAuthToken = OAuthToken

            auth.OAuthTokenSecret = OAuthTokenSecret

     

     

            Dim pinauth As New PinAuthorizer()

            pinauth.OAuthTwitter = auth

     

            Dim context As New TwitterContext(pinauth)

            投稿する。

            Dim tweet = context.UpdateStatus("投稿:" & DateTime.Now.ToString())

           

     


    スポンサーサイト

     タスクルケジューラー 操作 コマンド SCHTASKS

    2013-08-30

    >SCHTASKS /パラメーター [引数]

    私は、タスクの開始時間をちょくちょく変えるのですが、GUIが重たいので不便してましたが、
    このコマンドに変えて軽くなって喜んでます(^^)

    <ご参考までに私の使用例>・・・「自動シャットダウン」という名前のタスク開始時刻を変更する例です。
    /Query サブコマンドでまず、現在の設定値を表示させて、次に開始時刻入力プロンプトを表示してます。
    「01:05」の様に前ゼロ付きで時刻を入力してエンターをすると、パスワードの入力を求められますので、
    入力すると設定が変更され、/Query サブコマンドで変更後の設定値が表示されるという流れです。

    (注意)↓バッチファイルを右クリックして、「管理者として実行(A)」をクリックして実行する必要があります。

    Sample.bat

    @rem——————————————————————————————
    echo off
    SCHTASKS /Query /TN 自動シャットダウン /S %Computername%

    set /P st="開始時間を入力して下さい。 : %st%"

    SCHTASKS /Change /TN 自動シャットダウン /S %Computername% /ST %st%
    SCHTASKS /Query /TN 自動シャットダウン /S %Computername%
    pause
    @rem——————————————————————————————

    SCHTASKS

    サブコマンド説明:
        管理者がローカルまたはリモートのシステム上のスケジュール タスクの作成、
        削除、クエリ実行、変更、実行および終了を行います。

    パラメーターの一覧:
        /Create         スケジュール タスクを新しく作成します。

        /Delete         スケジュール タスクを削除します。

        /Query          スケジュール タスクをすべて表示します。

        /Change         スケジュール タスクのプロパティを変更します。

        /Run            スケジュールされているタスクをオン デマンドで実行します。

        /End            現在実行中のスケジュール タスクを停止します。

        /ShowSid        スケジュールされたタスクの名前に対応するセキュリティ ID を
                        表示します。

    ==================================================================
    SCHTASKS サブコマンド /Change のヘルプを貼り付けておきます。

    C:\Users\XX>SCHTASKS /Change /?

    SCHTASKS /Change [/S システム [/U ユーザー名 [/P [パスワード]]]] /TN タスク名
         { [/RU 実行ユーザー] [/RP 実行者パスワード] [/TR 実行タスク] [/ST 開始時刻]

           [/RI 実行間隔] [ {/ET 終了時刻 | /DU 継続時間} [/K] ]
           [/SD 開始日] [/ED 終了日] [/ENABLE | /DISABLE] [/IT] [/Z] }

           [/HRESULT] [/?]

    説明:
        スケジュール タスクで実行するプログラムや、実行に使用するユーザー
        アカウントやパスワードを変更します。

    パラメーター一覧:
        /S       システム    接続先のリモート システムを指定します。

        /U       ユーザー名  schtasks.exe が実行されるユーザー コンテキストを
                      指定します。

        /P    [パスワード]   与えられたユーザーのコンテキストのパスワードを指定し
                             ます。省略すると入力が促されます。

        /TN      タスク名    変更するスケジュール タスクを指定します。

        /RU     実行ユーザー タスクを実行するユーザー アカウントを変更
                             します。システム アカウントに有効な値は ""、
                             "NT AUTHORITY\SYSTEM" または "SYSTEM" です。
                             v2 タスクには、"NT AUTHORITY\LOCALSERVICE" と
                             "NT AUTHORITY\NETWORKSERVICE" も 3 つすべての
                             既知の SID と同じく利用できます。
        /RP      パスワード  既存のユーザー コンテキストまたは新しいユーザー
                             アカウントのパスワードを新しく指定します。
                             システム アカウントではこのパスワードは無視されます。

        /TR      実行タスク  スケジュール タスクにより実行される新しい
                             プログラムを指定します。

        /ST      開始時刻    タスクを実行する開始時刻を指定します。時刻は
                             HH:mm (24 時間形式) の形式です。たとえば、
                             午後 2 時 30 分は 14:30 と指定します。

        /RI      間隔        繰り返す間隔を分で指定します。
                             有効範囲: 1 – 599940 (分)

        /ET      終了時刻    タスクの実行を終了する時刻を指定します。時刻は
                             HH:mm (24 時間形式) の形式です。たとえば、
                             午後 2 時 50 分は 14:50 と指定します。

        /DU      継続時間    タスクを実行する継続時間を指定します。時刻は
                             HH:mm の形式です。これは /ET と同時には指定できません。

        /K                   終了時刻または継続時間にタスクを終了します。

        /SD      開始日      タスクを実行する最初の日を指定してください。
                             形式は yyyy/mm/dd です。

        /ED      終了日      タスクを実行する最後の日を指定してください。
                             形式は yyyy/mm/dd です。

        /IT                  ジョブの実行時に /RU ユーザーが現在ログオンしている
                             場合にのみ、タスクが相互に実行するようにします。
                             このタスクは、ユーザーがログインしている場合にのみ
                             実行します。

        /RL      レベル      ジョブの実行レベルを設定します。有効な値は LIMITED と
                             HIGHEST です。既定では変更できません。

        /ENABLE              スケジュールされたタスクを有効にします。

        /DISABLE             スケジュールされたタスクを無効にします。

        /Z                   最後の実行後で削除するタスクをマークします。

        /DELAY   遅延時間    トリガーの開始後から、タスクが実行するまでの
                             待機時間を指定します。時間の形式は
                             mmmm:ss です。このオプションは ONSTART、ONLOGON、
                             ONEVENT の種類のスケジュールにのみ有効です。

        /HRESULT             診断能力を向上させるために、プロセス終了コードは
                             HRESULT 形式になります。

        /?                   ヘルプを表示します。

    例:
        SCHTASKS /Change /RP password /TN "\バックアップ\バックアップと復元"
        SCHTASKS /Change /TR restore.exe /TN "\バックアップ\復元開始"
        SCHTASKS /Change /S system /U user /P password /RU newuser
                 /TN "\バックアップ\バックアップ開始" /IT

     

    ==================================================================

    その他サブコマンドの詳細は各ヘルプ参照(^^;):
        SCHTASKS
        SCHTASKS /?
        SCHTASKS /Run /?
        SCHTASKS /End /?
        SCHTASKS /Create /?
        SCHTASKS /Delete /?
        SCHTASKS /Query  /?
        SCHTASKS /Change /?
        SCHTASKS /ShowSid /?


     javascript 文字列置き換え replace

    2013-08-29

    javascriptのreplaceコマンドは、最初にマッチした文字列のみの置き換えなので、注意が必要。

     

    var value="Hello World"; 

    //’Hello’を’xxxx’に置き換える。

    value=value.replace("Hello", "xxxx");    

     

    全置き換えをする場合は、次のコマンドで全Replaceが可能です。

     

    value=value.split("Hello").join("xxxx"); 

    PR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。